Flower essence

イギリス発祥の自然療法。

植物のもつエネルギーを使ってマイナスの感情に働きかけ、心のバランスを取るサポートに。

20世紀のイギリス人細菌学者・ホメオパスのエドワード・バッチ博士

自然界に生息する花草木などの植物のエネルギーを水に転写して活性したもの。

マイナスの感情に働きかけて、心のバランスをとるのが得意です。様々な土地の多くの作り手によって数千種類のフラワーエッセンスが作られます。

植物の生息する土地、作り手によってエネルギーが大きく変わってきます。

備考

アロマテラピーで使用する精油やメディカルハーブ(薬草)は、植物の成分(物質)を直接利用して心身に働きかけます。それに対してフラワーエッセンスは、植物の「生きる力=エネルギー」を利用するという点に違いがあります。

​エネルギーなので、香りや味はしません。

発見した人

レメディ

特徴

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン

©  Rajaton remedies.